written by CHECK&STRIPE staff

ちょっと前になりますが、お休みの日に

蕎麦打ち体験に行きました。

C&Sやさしいリネン マッシュルームの生地で、

石川ゆみさんの「まいにちつかうもの」のエプロンを着て

張りきってレシピを元に教わりながら初めてのそば打ち体験です。

iPhoneImage.png

レシピも図解でわかりやすかったです。

iPhoneImage.png

テレビなどで見ていた憧れの蕎麦切りは、

職人さんのようにはいかずでしたが、なかなか面白かったです。

黙々と集中して何かをすると、気持ちが穏やかになるものだと改めて実感しました。

ソーイングをすることにも似ていると思いました。

iPhoneImage.png

多少太いところもありますが、お蕎麦らしくなりました!

iPhoneImage.png

太い細いはありましたが、ゆでるとキラキラ蕎麦がひかり

おいしそうになりました。

先生が「塩で食べてみてください。」と言われたので、

初めて塩で蕎麦を食べました。

 

蕎麦の香りも味もちゃんとして、噛んでいくと甘みも感じられて

本当においしかったです。

 

また機会があれば、蕎麦打ちを体験したいです。

 

 

 


リバティプリントで初めて購入した柄はGlenjadeでした。初めて作ったリバティプリントのスカート、今着るには丈が短い気がして出番がなくなりましたが、今でも大事にしまっています。

ブルーに白い小さな葉っぱの柄がとっても爽やかな柄です。

ブルーは定番から外れてしまって、買い足すことが難しくなりましたが、ネイビーや黒は定番にあります。ネイビーでもう一度スカートを作ろうと思っています。

Glenjadeをモチーフにしたシーズン柄もやっぱり好きです。


ここ最近の春めいたお天気に、店舗でもリバティプリントをお求めの方が増えてきました。私もリバティプリントの服を何か着たいな、どの柄にしようかと悩ましい毎日です。


3月に入り、少しずついろんな柄が入荷してきています。是非見にいらしてください。





おうちでよくパンを作ります。

我が家の定番のパンは2種類。材料もシンプルでこね始めてから約2時間で焼きあがるお手軽なパンです。

ほんのり甘くてやわらかな  まるパン

 

シンプルな味わいで食事に添える  白パン

 

 

定番のパンの他に、気候に合わせて時間をかけて作るパンがいくつかあります。その中で家庭で作るパンの『旬』が晩秋から春までのクロワッサン。気温が低くバターが溶けにくいので折り込みやすいそうです。『旬』が終わらないうちに、久しぶりにチャレンジしてみました。

 

まず、生地をこねて2時間休ませたあとに、バターを包みます。

生地とバターを馴染ませて、麺棒で伸ばします。この生地を三つ折りにして冷凍庫で30分休ませて、また伸ばして。。。同じことを繰り返すこと三回。

三角形にカットして、成形をして最終発酵のあとオーブンで焼きます。

こね始めて約7時間。焼きあがりにメープルシロップを塗ってやっと出来上がりです。見た目はイマイチですが焼きたてのおいしさは格別です!

作るのも好きですが、美味しいパン屋さんのパンをいただくのも大好きです。クロワッサンが出来上がるまでの工程を知ると、いつも変わらずに同じパンが店頭に並んでいる事が本当にすごい事だと思います。

暖かくなるこれからの季節は、クロワッサンの名店巡りをして楽しみたいと思います!

 

 

 

 

 

今年の春中学生になる甥っ子がいます。

兄も私もそれぞれ実家を出ていることもあり、みんなで顔を合わせる機会は

年に数回ですが、甥っ子の成長を見るのが楽しみの一つでもあります。

 

この冬初めて受験を経験した甥っ子。

周りのいろいろな人たちの気持ちを考えると

試験当日の朝などは、こちらにまで緊張感が伝わってきたほどでした。

晴れて志望校に合格し、本人も私たちもホッと一息。

たくさん本を読んでもらいたいという気持ちを込めて

図書カードと手紙を送りました。

一週間ほどして甥っ子から返事が届きました。

決して長くはない手紙でしたが、その中にすごく微笑ましい一文がありました。

「これからもみんなのおかげでここまできたということを

 忘れずに頑張ります。」

自分で思い付いて書いたんだろうか…いろいろ想像は膨らみますが

純粋に今の彼の気持ちだと受け止めたいと思います。

ガンバレーガンバレー。

コットンパピエピンストライプの巾着も添えて。

もうすぐ春ですね。
エプロンも春バージョンで心機一転!
旬の野菜を使った彩り豊かなお弁当を作って、
家族でお花見に出かけてみませんか。

CHECK&STRIPEの全店舗の今月のおまけレシピは
簡単に脱ぎ着が出来る
「すっぽりエプロン」です。

桜色の生地で作ると、
より春らしくなりますよ。
是非お試しください。
お友達やお母様へのプレゼントしても喜ばれそうですね。


おまけレシピは税込¥3240以上お買い上げの方に
差し上げています。

 

fabric&thingsはワークショップを様々なワークショップを開催しています。

人気のあるVestitaさんの春のアレンジメントのワークショップ

お申込みをただいま受付中です。

春にしか出会えないようなお花を使って、明るく柔らかな色合いにアレンジしていただきます。

皆さまのご参加をお待ちしております!

 

 

 



 

2019年3月3日、おかげさまで自由が丘店は9周年を迎えました。



お客様への感謝を込めて恒例の周年イベントを3月3日から6日まで開催致しております。

期間中はリバティポイント2倍押しや、恒例の3000円お買い上げ毎にプレゼントの当たる抽選会がございます。


数の限りはありますが、生地のセットやキット類なども販売しております。また、周年記念のおまけレシピとしてリバティタナローン70?以上のお買い上げでギャザーバッグのレシピを差し上げていますのでスタッフにお申し付けください。


そして今年はワークルームにて周年の特別カフェを行なっています!

たまちゃんのいちごスカッシュなど美味しいものを色々とご用意しております。(5日まで)


また、お子様へのプレゼントとして風船もご用意ありますのでお誘い合わせの上ぜひご来店くださいませ。



10年目に入る自由が丘店をこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
 

日に日にあたたかくなってきて春の訪れを感じますね。

家の中の家事も暖かくなってよくはかどります。

 

最近、ある本を図書館で借りたことがきっかけで保存容器を一新してみました。

野田琺瑯の野田喜子さんの「野田琺瑯の本」

これをみて、琺瑯容器の色んな使い方を知りました。

保存、冷凍、オーブン、直火調理などとても便利に使えます。

この容器に下ごしらえした野菜を入れたり、作り置きしたおかずを入れた容器をそのまま直火で温めたり、デザインもシンプルでかわいいので食卓にそのまま出す事も。

琺瑯なので匂いや着色もなく気持ちよく使えます。

切った野菜を入れておいてもよく冷えるからかシャキシャキです。

 

なにより、かわいい。ここが家事を毎日する上で一番大事!

見るたびにかわいい。

冷蔵庫を開けるたびにかわいいのです。

 

まずはこの使いやすいサイズから。

どれも4人家族の2日分くらいの作り置きにそれぞれつかいやすいです。

冷蔵庫に保存するのも四角なので収まりがよく気持ちよく使うことができます。

琺瑯のバットもおかし作りに料理の下ごしらえにと活躍中です!

 

ずっと大切に長く使っていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

昔「日出処の天子」を読んで以来気になっていた聖徳太子ゆかりの法隆寺へ行きました。
奈良へは何度か行っていますが、斑鳩を訪れるのは初めてです。


飛鳥時代に建てられた五重塔や金堂。
大宝蔵院では、教科書に出てきた玉虫厨子や百済観音像をゆっくりと見ることができました。


八角形の夢殿。
子規もこちらであの句を詠んだのでしょうか。


飛鳥時代から奈良時代へ。
東大寺南大門の金剛力士像はいつ見ても惹きつけられる力強さ。


奈良公園で鹿せんべいを持っていたら、鹿たちがわらわらと近づいてきて…
一頭はお尻にドーンと体当たりしてきました。
ちょっと身の危険を感じる押しの強さでした。


お水取りの時期につくられる椿のお菓子。
持ち帰っておいしくいただきました。

あちこちで色々な花が咲き始め、春の日差しも感じられるようになりました。


セレモニーや発表会、お出かけに使えるように…と7歳の娘のためにパターン166のボレロを縫いました。



布はリネンツイルのホワイトです。

パターンはきちんと裏地をつける仕様になっていますが、しっかりさせたいのと、また簡単に作れるように裏地をつけるのではなく、表裏同じものを2枚作って合わせました。(裏は気持ち1mmほど内側を縫いました)

合わせも飾りボタンとスナップボタンで簡単に。


(リバティエアリーコットで作ったデイリープルオーバーワンピース子供サイズ大を合わせています)

ホワイトで作るとどんな色にも合わせやすく、色々なシーンで使えるボレロになりました。


普段着もたくさん作ってあげたいですが、

大切な日に着るお洋服を手作りするのも、より思い出深いものになるのでおススメです。





映画館で英国ロイヤル・バレエ
「くるみ割り人形」を観てきました。
チャイコフスキーの名曲にのせて贈る定番の演目。
真夜中に大きくなるクリスマスツリー、 ねずみの王様との戦い、
お菓子の国のシーンでは異国情緒豊かなダンス
どのシーンも豪華で美しく圧巻でした!

今回は2018年12月のライブ映像で
開演前と幕間に解説と演出家、ダンサー、演奏者のインタビューもあり
バレエ鑑賞初心者でもわかりやすかったです。
金平糖の踊りに使われる楽器「チェレスタ」は
ハリーポッターでお馴染みのあのメロディーもこの楽器だとか…

休憩時間には下された幕が写っていて
客席のざわめきも聞こえてきて
オペラハウスの客席にいるかのような
贅沢な時間でした。

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018/19
8月まで毎月1〜2演目、オペラやバレエを、映画館で鑑賞できます。
他の演目もこの機会に楽しみたいと思います!

子供の頃以来かなり久しぶりに
今年はトウシューズに挑戦したいと思います。