written by CHECK&STRIPE staff
早くも年末を意識する季節となりました。

年の瀬の京都を彩る、南座の顔見世興行へ
先日家族と出かけてきました。
今年は新開場に加えて、発祥400年という記念の年でもあり
たくさんの人で賑わっていました。

古典芸能の舞台や音楽はたびたび鑑賞していたものの
歌舞伎は全くの初めて。
敷居が高そう、祇園の街は身分不相応…
と感じていたのも、あっけなく覆されるくらい
とても充実した観劇でした。

5時間に及ぶ公演の中に4つの演目があり
特に印象的だったのは
長唄と歌舞伎舞踊の演目「連獅子」です。
親子で舞う姿、豪快な毛振り、襲名披露…

その背景には
想像もつかないほどの厳しいお稽古が
毎日積み重ねられていると思うと
覚悟や歴史の重みを感じずにはいられませんでした。
圧倒されること、必至です。

幕間には、客席に座ってお弁当を食べたり
終演後には、お茶をしながら歌舞伎について語り合う…

まる一日非日常を味わうのも
たまにはよいかもしれません!

秋の味覚として、よくいわれるいもくりなんきん。

そんな秋になって何度も作ったのがポタージュスープです。
特にこの時期のかぼちゃで作ったポタージュスープはとてもおいしかったです。

材料はとてもシンプル。だからこそ、この時期においしかったのかもしれません。
かぼちゃと玉ねぎ、豆乳か牛乳と塩こしょう。
さつまいもは玉ねぎも入れず、さつまいもと豆乳か牛乳と塩こしょう。



栗は今年はあまり見つけることができなかったのですが、
それでも渋皮煮はやっぱりこの時期に作りたい、食べたいもの。
ある間はほぼ毎日ひとつづつ食べて、毎日の楽しみでした。



そろそろ栗も見なくなり、季節が変わることを感じます。
また来年を楽しみにします!

昨年に続き、台北に行ってきました!
昨年も11月に、今年も11月に、、、。目的は1日5食&音楽を聴きに行くこと。
空港に着くなり頭の中は食べ物だらけ。


旅の2食目。 予約なしで入った奏味館で食べた涼調合絡が絶品!!



朝食は前回も長蛇の列に並んで食べた温かなスープ。こちらも唸る美味しさ!





夜遅くに食べた大きな海老が入ったワンタン麺。楽しみにしていたLive後に食べて、心もお腹も満たされました。


Liveの興奮が残り、なかなか寝付けなかった次の日も、早起きをして美味しい朝食を食べに朝散歩。
こちらの朝食もしみじみ美味しい。



朝から小籠包も食べました。





ホテルの近くの市場も活気があり美味しそうなフルーツが沢山売られていました。

次回はホテルにチェックインする前にフルーツを買い込む事にしようと思いながらフラフラ昼散歩。

この他にもまだまだ食べた旅。
チェックアウトをしてからスーツケースをゴロゴロ引きながら、ホテルの近くで水餃子を。
さほどお腹がすいていなかったのですが、ふた皿を二人でペロリ。大半は私が食べました。。




あっという間の絶品旅。二泊三日。

道に迷った時や、目的地にたどり着けなくてガイドブックとにらめっこしていると

すぐに声をかけてくださる温かく優しい台湾の方々。

観光客に優しく接する事が自然と出来るなんて、本当に素晴らしい!!

ますます台湾が好きになりました!!

ありがとう台湾!



気持ちのよい秋晴れの休日に浅草へお散歩に行きました。
水上バスの時間まで隅田川を眺めながら遅めのお昼と日向ぼっこ。
お昼寝してる人やウォーキング中の人、ぽかぽかとゆったりとした時間が流れていきます。




水上バスは幼い頃に祖母とのお出掛けでよく乗せてもらっていたのを思い出します。
風がとても気持いいし、船の上からだと普段気にもとめないビルの形だとか
いつもの風景が面白く見えてきてたのしいです。あ、あんなところに鳥居がある。



浜離宮に着いて紅葉を感じながらお散歩、陽も落ちてきたところで東京タワーへ。
人生初の東京タワーの高さにはほんのちょっぴり拍子抜け。
でも同じフロアにいた修学旅行生がこれでもかってくらい楽しそうでなんだか和みました。
そうそう、お土産コーナーの東京タワーぬいぐるみ、
実は以前テレビで見てからずっと気になっていました。
鉄骨で出来た建物なのにまるまるふわふわなのがなんだかおかしくて可愛い。

それからご飯を食べてちょっと歩いて、夜景を見てと
ゆったりとことこ歩きまわる一日でした。

おまけ


別日に上野でお散歩中に遭遇したパンダちゃんバス…
なかなか迫力ある顔ですね。。。

10月よりおまけレシピに新しくかぼちゃパンツが仲間入りしました。

ちょうど友人が出産したこともあり、フレンチコーデュロイで作ってみました。

(上からグレープ、あずきクリーム、ソイラテ)

サイドが輪になっているのでパターンは1つ。
90cmサイズなら用尺40cm、100cmサイズなら用尺80cmでできます。

かぼちゃパンツに合わせてパターン20のカーディガンも作ってみました。

友人の子に着てもらうのが楽しみです。

吉祥寺南町のRyumon coffee standさん。


C&S吉祥寺店で購入された布をテーブルクロスにしたところ、女性のお客様がすごく増えたそうです。
このテーブルに座るために並んで待つ人もいるんだとか。



次にCHECK&STRIPEのお仕立て部 THE HANDWORKSで、リバティプリントや100そうギンガムチェックなどのクッションカバーをオーダーしてくださいました。



先日お邪魔すると、お客さんがクッションにもたれてコーヒーを飲んでいらっしゃったり、 胸に抱えておしゃべりしたりと、お店になじんでいてうれしくなりました。

お好みのオリジナル生地やリバティプリントをクッションなどの布小物に取り入れると、お部屋の雰囲気が変わって楽しいですね。
THE HANDWORKSではお洋服以外にもクッションカバー、テーブルクロスやぬいぐるみのキットなどのお仕立てを承っています。
吉祥寺店・自由が丘workroom・神戸店の3店舗でお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

11月に入りぐっと涼しく、日も短くなりました。
待ちに待った秋の訪れが嬉しい毎日です。



秋の夜長。
ムーミンの著者でもあるトーベ・ヤンソンさんの短編小説 「軽い手荷物の旅」( 筑摩書房 )を読みました。
本の中には旅にまつわる12のストーリーが収められています。
旅で味わう開放感や不思議な体験、大切な記憶などを題材に、どのお話にも短い言葉のなかに登場人物や場所の持つ長く重厚な時間と、ヤンソンさんの自由や孤独、記憶といったことへの考えを感じることの出来る一冊でした。
次は冬の訪れ前に「 ムーミン谷の十一月」を読んでみたいです。



:::おまけ::::
コットンワッフル(きなり)で枕カバーを作りました。
家族それぞれの見分けがつくように、洋服を作った生地の余りでタグを付けました。
コットンワッフルはふんわりとしたコットンの肌触りが気持ちいいと、家族からも好評です。

本屋さんで見かけ、思わず手に取った本『角野栄子の毎日いろいろ』(角川書店) 『魔女の宅急便』などの作品で知られる児童文学作家で、鎌倉在住の角野栄子さんのエッセイです。 日々の生活、お料理、おしゃれ、自らのルーツについて書かれています。                                                                                                          ご自宅のいちご色の壁、本がぎっしりつまった本棚、カラフルな眼鏡やアクセサリー、ワンピースなど、 とても素敵で、見ているだけでわくわくします。 好きなものにかこまれ、好きな仕事をご自分のペースでする暮らしぶりは、とても自然体で、憧れます。 一番印象的だったのは、24歳のとき自費移民としてブラジルへ渡り、2年間滞在されたこと。 その時の経験を書いたデビュー作『ルイジンニョ少年』も今度ぜひ読んでみたいです。

                                                                                                         子供の頃に大好きだったシリーズが懐かしくなり、図書館で借りて読んでみました。 字が大きくてびっくり!エビフライが大好きなのは、この本の影響かもしれません。

                                                                                                        

映画より本が先でした。表紙も挿絵もお気に入りで大切にしていましたが、今は、姪っ子のもとへ。                                                                                                         

いつか、鎌倉が舞台の作品も書きたいとのことで、今からとても楽しみです。                                                                                                                                                                             

〜おまけ〜 最近つくったもの                                                                                                         

『おまけレシピ ディリープルオーバー(ふんわり袖)』                          

 C&Sリネンウールリンレイヌ ダークレッド                                                                                                                                                                                                                                                                      

こちらのレシピは、11/1より店舗にて、生地を必要用尺1.6m以上、合計で税込3,240円以上お買求めのお客様に 差し上げています。 みなさまのご来店お待ちしております。

ランニングを始めて8年。

変わらず初心者ランナーでゆっくりマイペースに続けています。

先日、以前から一度走ってみたかった皇居外周を走ってきました。

 

皇居周辺には、ランニングステーション(通称:ランステ)が何箇所かあります。

荷物を預けて着替えができ、シャワーなどの設備が整っているので、とても便利です。

私は今回、日比谷駅直結のランステを利用したので、二重橋付近からランニングをスタートしました。

緩やかなアップダウンがあるコースで、途中に信号がないのでとても気持ちよく走る事ができます。走ってみて、人気がある理由がよくわかりました。

秋風を感じながら皇居の景観を堪能でき、気持ちの良い一日になりました。

 

ランニング中、かさばらずに持てるタオルハンカチが活躍します。もちろん、普段使いやプレゼントにもお勧めです。

 

 

11月のおまけレシピは、「リボンのトートバッグ」です。

持ち手のリボンがポイントの肩掛けバッグです。
お子様にはショルダーバッグとしてもお使いいただけるので、
親子お揃いで作られてもいいですね。
こちらのレシピは、店舗にて税込み3,240円以上お買上げの方に差し上げています。
お好みの生地でぜひお作りくださいませ。


ただいま店舗では、ぽこぽこウールニットやカシミアフォイユが入荷しております。

ぽこぽこウールニットをご用尺分お買い上げで簡単にお作りいただけるスヌードのレシピや、ベストのレシピをお付けしております。

軽くてあたたかなカシミアフォイユは極上の肌さわり。
カットしたそのままでお使いいただけるので、すぐに使えて便利です。
日に日に寒くなるこれからの季節におすすめです。
ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。