written by CHECK&STRIPE staff
只今店舗でもご紹介中のパリのポンポンテープ。



ちょっとしたところに使うととても可愛いのでオススメです。



ハンカチにぐるりと一周。


襟ぐりのポイントに。




手作りストールの端に。


今回は色のトーンを合わせて使いましたが、あえてポイントになるような色使いでスカートの裾やバックの縁取りなどにも可愛いなぁ〜〜とまだまだ妄想は止まりません!


おまけ



我が家のアナベルが今年も元気に花をつけ始めました。

蒸し暑い日が続きますが、楽しみを見つけて爽やかに過ごしたいです。




お正月も終わり、日々の生活に戻りホッとしていますが、、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今年のお年玉は 以前から気になっていた水引を使ってポチ袋を作ってみました。

簡単そうにみえたのですが、、超不器用な私には難しかったです…

 

 

あわじ結び

 

あわじ結びを覚えるといろいろ使えそうなので、もっときれいに作れるようにマスターしたいです。





あわじ結びを応用して梅結び

 

出産した友達に渡したくてお祝い袋を作りました。
来年は お正月用の祝い箸にも挑戦してみたいです。。

キレイな色が揃っているcheck&stripeオリジナルミシン糸。
少し細めで縫い目が目立ちにくいので既にご愛用の方も多いかと思います。




布に合わせてたくさん増えてしまったミシン糸の整理をしました。





クリップを使って簡単にボビンとセットにしました。
ぱっと見やすく糸も選びやすいです。



ケースに使った箱はお菓子が入っていた箱。
蓋にお気に入りの布を両面テープで貼り付けてリメイクしました。
布はc&sオリジナルリネン混トリコロール(小)です。



お気に入りの箱で、少し面倒なミシンの糸替えの作業も楽しくなりました。






お裁縫箱の底にもお揃いの布を貼りました。
こちらも開ける度にウキウキするお裁縫箱になりました。


両面テープで貼り付けた布はほつれにくく、簡単に取り替えが可能なので、
汚れたら新しいものに交換していつも気持ちよく使いたいなと思います。



 

学生時代はクラシックのオーケストラで青春を共にしたバイオリン。

近頃はもっぱら友人の結婚式など、

パーティーの宴会芸として披露することばかりなのですが・・・

演奏に欠かせない用具の一つが、「松脂」です。

生地に樹脂の塊を貼り付けてあるだけ、という地味な佇まいに加えて、

私自身のガサツな性格が災いして、

うっかり練習スタジオに忘れて帰ったり、

床に落としてヒビが入ってしまったり・・・と

申し訳ない出来事が続いたので、

お詫びの気持ちを込めてカスタマイズしてみました。

生地の一辺を細いバイアステープでくるみ、

ボタンと、麻糸を付けて・・・

たたんで糸をくるくる巻いて、出来上がり。

予備の弦を入れるポーチも、

お揃いのデザインで作ってみました

これで日々の練習が楽しくなりますように・・・。


ちなみに、「宴会芸」つながりでおすすめの楽器はこちら、

ビブラスラップ。

演歌や時代劇で印象的に使われる、あの「カーーーーーーーッ」という音を出す打楽器で、

簡単に盛り上がれます。 
 毎日、雨の多い日が続いています。
一日の天気がめまぐるしく変わる今年の梅雨。

お休みの日も、家にいることが
心なしか多い気がします。
そんなときは、ミシンをカタカタしたくなります。

毎日使うバスタオル。
柄のものが多かったのですが
シンプルなものがほしくて無地の
バスタオルに切り替えました。

お気に入りのリバティプリントで
すそをくるみました。
素材の違うバスタオルですが
おそろいになりました。



何を作ろうか、あたためていた生地。
毎日目に付くものにあしらって大正解です。


新刊 「CHECK&STRIPE DAYS OF SEWING」より
フリルのブラウスを2枚作りました。



新柄のsnugのネイビーとやさしいリネンの白で作ってみました。


このブラウス、たっぷりした胸のフリルが特徴で、イベントでもたくさんのお客様に
サンプルを手に取っていただきましたが、
「バイアス裁ちのフリルが難しそう」とのお声を多くいただきました。
普段お店にいらっしゃるお客さまもバイアスが苦手とよくお聞きします。

確かに全部で11本のフリル、少し手間がかかることは否めません。

私もバイアスを作るのはあまり得意ではないのですが、
ロータリーカッターを使うことで、かなり苦手意識が克服できました。




11本のバイアス、カッターマットか方眼定規の目盛りを見ながら平行に裁断し
後で指定の長さに調整します。


スパッときれいな切り口!





只今3着目を裁断中。
生地は「海のブロード グレイッシュカーキ」です。
袖と丈を伸ばして、ワンピースに仕立てようと考えています。

土台はシンプルですっきりしたシルエットなので、たっぷりのフリルがとっても映えるパターンです。
是非作ってみてください。



春になって、冬ものと春ものの服の整理をしました。
リバティプリントの洋服は、重ね着などをして
年中着ていますが、「あ、そういえば最近着ていないなぁ。」
と思うものもありました。

そこで、簡単なリメイクをしてみました。


やさしいリネンのきいちごに、chive のブルー系で
作ったチュニック丈のキャミソールです。


はさみを入れるのにはすこし勇気が要りましたが
丈を短くしてブラウス丈に



そして、お子様のスカートぐらいができるくらい生地が
残りました。ボーダーのTシャツにこの生地をつけて
ワンピースにしたらよいかも。
夢がふくらんでいきました。

キャミソール丈にチェンジをして、
また気分を変えていろんな着こなしができればなぁと
気持ちが新たになりました。
が!またまた、整理の方は滞ってしまいました・・・・。


普段使いのものは
できるだけシンプルなものが好きですが
ちょっとしたサインを付けるだけで
便利に使えることもあります。

例えば
無印のスリッパ。
このデザインは履きやすく、季節問わず使えるので
無印良品週間の時、まとめて来客用を買いました。

先日、3人来客があった時
ここぞとばかり
「どうぞ履いてください」と差し出しました。
履いてる時は気付かなかったのですが
友達が帰って、玄関を見てみると
同じ形のスリッパが6個ばらばらに並んでいました。

どれとどれでもいいわけだけど…
なんか気になる…
何かいい方法はないか…

「あ、アップリケ付けてみよかな」

わたしが選んだのはカギのアップリケ。
四角、丸、クローバー型。
ちょうど3ペア出来ました。
アイロンで付けただけなのに
ちょっと嬉しいスリッパになりました。

アイロン接着、らくちんでございます

ご近所中の木々が一斉に紅葉してきました。
街路樹も、野山も、公園も、葉っぱのグラデーションが美しすぎます!
いてもたってもいられなくなった、うり、
にわかカメラ女子になりまして、ご近所の街路樹をパチリパチリ。



そんな撮影散策の間に拾い集めた蔦(つた)を使って、工作も。
直径40センチぐらいのゆるーい輪に束ねてオーナメントをつるしています。
お部屋がちょっとクリスマスっぽくなりました。
 長年使っていた椅子の座面がボロボロのなってしまったので
張り替えに挑戦しました。

必要なもの

布地 (今回はカラーリネンを使いました)
ドライバー
ホッチキス



画像では伝わりにくいですが、かなりボロボロです。



椅子をひっくり返して、ドライバーでネジを外します。
(簡単に外れてびっくりしました)



布を引っ張りながらホッチキスで留めていきます。



全体を留めたあとです。



ネジを元通りにはめ直して出来上がりです!!
15分ほどで完成しました。


秋に向けて座面を貼りかえてみませんか??