written by CHECK&STRIPE staff

あちこちで色々な花が咲き始め、春の日差しも感じられるようになりました。


セレモニーや発表会、お出かけに使えるように…と7歳の娘のためにパターン166のボレロを縫いました。



布はリネンツイルのホワイトです。

パターンはきちんと裏地をつける仕様になっていますが、しっかりさせたいのと、また簡単に作れるように裏地をつけるのではなく、表裏同じものを2枚作って合わせました。(裏は気持ち1mmほど内側を縫いました)

合わせも飾りボタンとスナップボタンで簡単に。


(リバティエアリーコットで作ったデイリープルオーバーワンピース子供サイズ大を合わせています)

ホワイトで作るとどんな色にも合わせやすく、色々なシーンで使えるボレロになりました。


普段着もたくさん作ってあげたいですが、

大切な日に着るお洋服を手作りするのも、より思い出深いものになるのでおススメです。




娘の小学校のバザー用に子どものスカートとハンカチを作りました。

スカートは、この時期なのでフレンチコーデュロイで。





色の種類が豊富なので、次はどの色にしようかなと選べるのが楽しかったです。 
時々、小学校でこのスカートをはいてくれている子に出会うと、とっても嬉しくなります。

ハンカチは、途中にタグをはさんだりして、色々な生地を巻ロック処理して作りました。 



あまりに簡単で楽しいので、お友達にも!と30枚くらい作ってしまいました。
巻ロック部分に細い紐を一緒に縫い込むと、縁がぷっくりしてより完成度が高くなったような気になれます。

 

※我が家に新しい家族が増えました。くぅです。


 

 

今年の縫い初めはリバティプリントにしてみました。

 

 

Daisy Chain のライトグレーにブルー・イエロー系でブラウスを。

 

『みんなのてづくり』のアリウムのチュニックを前をわにして、後はスラッシュあきにし、ブラウス丈にしました。

 

 

まだまだ寒い冬ではありますが、春らしいブラウスになったかなと思います。

 

Daisy Chainは今店頭で販売しております。

 

9日から全店舗でリバティSALEも始まりますので、

ぜひお越しください。(Daisy ChainはSALE対象外になります。)

 

たくさんの色柄の中から春に向けて楽しく選んでいただけたらと思います。


リバティプリント Chiveで
シトロニルAgnésを作りました。

地元に住む友人のお嬢ちゃんへ、
初めましてのプレゼントです。




こちらはシトロニルの日本語版。

かわいい小物もたくさん載っています。

フランスならではのセンスが詰まった本、
見ているだけでも楽しめます。




2018年の縫い納めは、
リバティプリント Meadowで、
お花のトランクを作りました。


ずっと作りたかった物がやっと形になり、
年末年始の帰省に早速使っています。

大中小と3つ並ぶと可愛くて、側にあるだけで嬉しくなります。

いつも友人に手づくりの物をプレゼントするのをためらってしまうのですが、
これなら大人の方にも、間違いなく喜んでもらえそうです。

次は、贈る相手の顔を浮かべながら、
とっておきの1メートルを選びたいなと思います。
子どもたちの誕生日の度に何か手作りのプレゼントをしてきました。
そんな娘も今年で15歳。

初めてのお誕生日には設計図から考えたパパ力作のキッチン。



2歳の時は、フェルトで作ったお弁当。



ウォルドルフ人形の年もあったり



バッグやニット帽も贈りました。



他にもワンピースやコートやポンチョなどなど…
今年は娘のリクエストで太うねのパンツとラパンで作ったシャツをプレゼントしました。



いつまで手作りのプレゼントを喜んでくれるかなぁと思いながら、大きくなった後ろ姿を見てこの15年を思い出していました。

オマケ
2日違いの私の誕生日に、娘たちがくれたプレゼント。
もったいなくて食べられません。

クリスマス準備

あっという間に
12月になってしまいました

今年もツリーにアドベントカレンダーを!

海のブロードグレイッシュピンクで、小さな袋を作りスタンプでナンバリング。

チョコレートを入れてますが
娘の提案でいくつかは、
部屋のどこかに隠してます、
今日は、探す日?
ツリーにあった!と、一緒にチョコレート食べながら過ごす時間もいいなぁと。

リースとスワッグも作りました
スワッグは、枝が集まったところの出方がポイントと習い、意識してくくりました。


クリスマス仕様のハーバリウムも

日々あわただしく過ごしますが
ほんの少しの針仕事時間大好きです。

只今、クリスマスオーナメント受付中です。

ワンピースが好きです。

子供の頃のお気に入りは、
アルプスのハイジ風
前身頃にリボンがクロスした飾りのあるワンピースでした。

初任給でも、ピンクのワンピースを買ったような。

今でも、ワンピースを着ると、
年相応にきちんと感が出ること
年相応の身体のラインをカバーしてくれること
朝の時間のない中、一枚着るだけで、
コーディネイトが決まるところが、
お気に入りポイントかもしれません。


お店で販売しているパターンで
お気に入りを紹介します。

パターン167(シャツワンピース)
IMG_20181031_082707.jpg

小さい襟がかわいいシャツワンピースです。
スカートがAラインで、足さばきがいいのでお気に入りです。

コットンで作りました。


パターン154
IMG_20181029_114645.jpg

ドルマンスリーブが特徴です。
ベルトでウエストをマークをしたり、
ベルトなしですとんと着たり、
その日の気分で着ています。

ウールで作りました。


パターン142(Vネックワンピース)
IMG_20181029_115501.jpg

肩のギャザーがかわいく、袖もふっくら、
腕もほっそり見える気がします。

リネンで作りました。

夏、とても涼しく快適だったので、リバティでも作りました。

IMG_20181029_115940.jpg

いつもワンピースを作るときは、
スカート丈を10センチほど長く裁断し、
ワンピースが形になってから、
自分にしっくりくる丈を決めています。

好きな丈にしたり、布を変えて何枚でも作れるところが、
手作りワンピースのいいところですね。

季節ごとに変わる店の品揃えですが、その中でもワクワクするのがウール系が豊富になる秋冬です。

夏まではコットンやリネンで作っていたおまけレシピも暖かい生地で作って寒さに備えています。



カシミア混圧縮ウールで作ったきれいめサルエルパンツ


簡単な形のバッグも季節感が出て気に入っています。


冬生地のストックがまだまだあるので寒い間いろいろ楽しみたいと思っています。

毎年恒例 実家から大量の安納芋が届きました。
父と母が心を込めて育てたサツマイモですが、申し訳なく思うほど苦手な食べ物です。
それでも家族には好評なサツマイモなので、毎年苦労しながらせっせと調理して大切にいただきます。(私以外)



実家で作る安納芋は皮が少し薄い色です。

今年は初めて石焼き芋に挑戦してみる事にしました。

先ずは、庭で防犯用に敷いている石を拝借し、水で洗いその後お湯をかけて消毒します。

オーブンの天板にアルミホイルを敷いてその上に洗いたての石を敷き詰めます。

綺麗に洗ったサツマイモ達を石の上にモリモリに並べてオーブンに。 想像通りの重量級!

210度で90分焼き、焼き上がり後そのままオーブンの中に放置します。

びっくりするほど中身がトロトロの焼き芋が完成!!



あれ?美味しい?
焼き芋って美味しい!

調子に乗って焼き芋を半分に切り、バターと砂糖でキャラメリゼしてみる事に。

表面がパリッとしたところで実食!


すごく美味しい!!
皮まで美味しい!!
サツマイモって美味しいんですね!!

オーブンを使うと簡単に石焼き芋が作れてしばらくハマりそうです。
 

ヤマボウシを庭に植えました。
来年、花が咲くのを楽しみに。

 


お家にいるのが心地良い季節にコツコツと作れるレシピでスカートを縫いました。

おまけレシピ「タックのロングスカート」

C&S ハーフリネンデニム
カジュアルに着こなせます。


カラーウール グレー
暖かく、きれいめに着こなせます。


(左)C&S フレンチコーデュロイ 太うね ダークネイビー
(右)C&S フレンチコーデュロイ 太うね インディゴネイビー
ふんわりボリュームがある着こなしです。
着心地がとても良く、まとわりつかないので、気に入っています。

タックのロングスカートは、タックのたたむための印を付け、ひたすらタックをたたみます。
この工程が無心になれてとても好きです。
次は栗色の生地でタックをたたもうと計画中です。

 

このレシピは今、ご紹介中の 10月の予約販売 

フランネルラパンをご注文くださった方におつけしています。

ぜひ作ってみてください。