written by CHECK&STRIPE staff

ふと上を見上げると、空も冬に近づいていました。

洋服も冬に向けて、何を作ろうかと考えるだけでワクワクする毎日。
店舗でお渡ししているおまけレシピの中から「後ろゴムのタックワイドパンツ」を作りました。

(今 ご紹介中の11月予約販売でも 

コーディネートのページ太うねコーデュロイのページでこのパンツのレシピをプレゼントしています。)

名前通り、前側がタックで後ろ側がゴム仕様。

以前お渡ししていたおまけレシピ「大人のワイドパンツ」より股上が少し深くなっていて安心です。

母用に丈を10cm短くしたり、裾上げをダブルにしたり、丈アレンジも楽しんでいます。
(太畝のコーデュロイ 今お店でも大人気で、こちらも11月予約販売でご紹介しています。)

C&Sオリジナル フレンチコーデュロイ 太うね カーキ 

 


C&Sオリジナル フレンチコーデュロイ 太うね ダークネイビー

 


ウールやコーデュロイ 太うね等の少し厚みのある生地の端処理はジグザグミシン又はロックミシンで処理すると縫い易いです。
自分の中でワイドパンツを履くのに抵抗があったのですが、サンプルを試着してみて一目惚れでした!
店舗では、サンプルを気軽にご試着頂けますので、お近くにお越しの際は、お立ち寄り下さい。
〈おまけ〉
ワイドパンツに長めの靴下を合わせるのも楽しみの一つです。
真冬にはレギンスの上から長めの靴下を履いて重ねばきしてみたり。
タイツに比べて温度調節し易いのが◎。




新しい本「SPECIAL SEWING BOOK」から、最初に作ってみたかった七分袖のギャザーブラウスが完成しました。
生地は海のブロード ライトブルーグレーです。





作り方を見てみると少し大変そう…
でも一番着てみたい!と思い作り始めました。

ポイントになるたっぷりのギャザーを丁寧に寄せて身頃が完成すると少しほっとしました。
でもまだまだやることはたくさん!
袖付け、カフス、ボタンホールまで…

毎日少しずつ進めてだんだん形になっていくのがうれしくて、できあがってみるとあっという間だったように思います。
そしてとても愛着がわく一枚になりました。

デニムや、スカートにはインして、いろんな着こなしを楽しみたいです。
次はワンピース丈も作ってみたいと思っています。





おまけ
名古屋イベントから帰ると玄関で待っていてくれました!
我が家では癒しの天才と呼んでいます。




 

暑くなったり寒くなったり台風が来たり…めまぐるしいお天気の今年の秋ですね。

毎日何を着るか迷いますが、今年も気になっているのがウールです。
店舗には時々ベーシックな特価ウールが並びます。
色も厚みも様々ですが、幅広のものも多いのでコートやインテリアなどに毎年人気です。


私も去年購入したウールで新刊の素敵なコートに挑戦してみたいなぁと思っていますが、まずは小さなものを…。



厚手のウールを使っておまけレシピでおなじみのTトートを作りました。
柔らかな雰囲気がこれからの季節にぴったりです。



余った布はまあるく切って簡単なコースターになりました。




私も今年は栗仕事、頑張りました。
甘い渋皮煮と温かみのある小物で、お茶の時間も大切にしたいと思います。

 

『CHECK&STRIPE SPECIAL SEWING BOOK』(主婦と生活社)

 

CHECK&STRIPEの新しい本。

もう手に取ってご覧いただけましたでしょうか?

透明感でまぶしい原田知世さんの表紙が目印です。

シーズン的にはコートも気になるところですが

私はコットンパピエの白でウエストタックのスカートを作りました。

久しぶりに作ったタックスカート。

タックをたたんで縫う作業は確かに少し根気がいりますが

それが終わってしまえばあとはスイスイ。

コットンパピエはアイロンでくせが付きやすいので

タックスカートにはもってこいの布です。

冬に身に着ける白が好きなので、防寒対策をばっちりして

これからもまだまだ着ようと思っています。

そして個人的にツボだったクマのパペット。

手を入れずにはいられないかわいさです。

 

いないいないばあをして遊んだりしています。


『CHECK&STRIPEのてづくりLESSON』よりリボンのワンピースを作りました。
生地はリバティプリントのコーデュロイ
Hucle berry
襟ぐりバイアス布は
コットンニットバインダーテープを
使用しています。

生地とテープの質感の相性も良く
色もバッチリ合ったので
こちらの組み合わせにしました!
バイアス布は少し長めにし
リボン結びで可愛く仕上げてみました。
長袖のTシャツやタートルに重ねて
ジャンパースカートとして活躍してくれると嬉しいです。

今回は姪っ子の誕生日プレゼントとして
作りました。
リバティの柄はインパクトがあるので
大きくなった時に思い出として
印象に残っているといいなと思います。

 

Hucle Berryのタナローン 10月リバティ予約販売でご紹介しています。

 

 

 

9月になり、私の住む神戸の山奥では朝晩肌寒いくらいです。。

この夏、初挑戦したのが梅干し作りです。梅シロップや梅酒は作ったことがあるのですが、梅干しは難しそうなイメージだったので、なんとか簡単にできる方法がないかいろいろ調べてみました。
見つけたのがジップロックを使う方法です。樽や重石なども使わずにすむのです
黄色く熟した梅をジップロックにいれて、お酢と焼酎とお塩をいれて1日一回袋をひっくり返して混ぜます。
   

カゴにいれて、ペットボトルなどで重石をして土用干しまで待ちます。梅酢もでてきたところで土用干しです。


しっとりしている方が好きなので、干すのを短めにして出来上がりました!



かなりすっぱい味でしたが、無事にできました。
次は赤シソをいれて作ってみたいです。

8月に入り、猛暑の中
たくさんのお客様がお店に来られ、ありがたい日々です。

そんな中、お客様からご相談を受けることがたびたびある質問は
「130cm以上の女の子のお洋服」についてです。

最近はパターン本でも130-140サイズのものが増えて作りやすくなりました。
しかし150サイズを越えると本当に少なく
デザインは圧倒的に130サイズ以下のお子様の方が多いです。

かく言う娘も130cmを越えてきてましたが
お洋服づくりは今も変わらず楽しんでいます。
特に、デザインはシンプルに、生地をシックに作ることを心がけております。



パターン134/星の綿麻(白にシルバー)
パターンがシンプルですので
ドレスとしてだけでなく、普段のワンピースにも使えると思います。
ギャザー分量を減らしてみてください。



スモックワンピース/100そうコットンドット(ネイビーに白)
「てづくりでボンボヤージュ」より
甘いデザインですが、ネイビーとドットがお姉さんらしくなります。



タックギャザースカート/きなりにネイビーストライプ
ウエストベルトとスカートの生地合わせが楽しいです。
パターンが不要のスカートなら
大きなお子様でも生地を楽しんでお作りいただけますね。



ヨークギャザースカート/海のダブルストライプ(ブルー)
腰回りがすっきりし、生地の切り替えで遊べるデザインです。
こちらも長方形のパターンばかりで
ご自身でも簡単にお作りできるかと思います。



シトロニル P202/Odette/コットンリネンレジェール(ネイビー)
シトロニルはサイズの大きいものがたくさんあり
大きいお子様におすすめです。


何よりも、お子様が好きなものをお好きな生地で
ご一緒に選んで作るのが楽しいのではないかと思います。

ぜひこの夏はお子様とご一緒に、お店へお越し頂けると幸いです。





毎日暑い日が続きます。水通しをした布もすぐに乾いてくれるので、少しありがたい夏です。
先日、実家に帰省するタイミングで、姉の家族も帰ってくることになりました。
ちょっとご無沙汰している姪っ子ちゃんたちを喜ばそうと思い、 お揃いの洋服を作ってプレゼントすることに決めました。
以前、自分用に『CHECK&STRIPE てづくりでボンボヤージュ』(集英社) AラインTシャツをコットンプルメリアのネイビーで作って、とても重宝しているので、トラネコ手芸店の綿麻「読書キャット」 ホワイト地にブルーで子供サイズを作ることにしました。

 

着てくれるのをわくわく想像しながら縫っていたら、途中で、首回りが狭いことに気づきました。 本では天竺を使っているのを忘れていて、どう考えても首が入りません。 片方の肩をほどいて、布を付けたし、スナップボタンを付けることで何とか切り抜けました。

ショートパンツは「新しい布」で定番商品でご紹介している綿麻10号帆布 スモークライトグリーンを使いました。
大きい姪っ子ちゃんと小さい姪っ子ちゃん2人はお揃いです。

自分用に作ったコットンプルメリアの余り生地で、小さい姪っ子ちゃんにノースリーブを。
ショートパンツとも涼しくて爽やかな組み合わせになりました。

 

母にはコットンプルメリア 木いちごでプルオーバーを。
ふくよかな母なので、母がお気に入りの洋服からパターンをとりました。
プルメリアは小さい姪っ子ちゃんと母と私の3人がお揃いです。

 

姉にはリバティプリント  Edenham PE(シックトーン)を布のままプレゼント。
姉が仕立てると、私とお揃いになる予定です。 愛媛・神奈川・神戸とそれぞれ別の場所で暮らしていますが、だれかとお揃いを着ていると思うと、それだけで心が楽しくなるから不思議です。

 

 

実家に帰った時に母親から

「キッチンの出窓から入る西日が強くて、年々辛くなっている...」

という話を聞いたので、カフェカーテンを作りました。

生地はC&Sオリジナルやさしいリネン・アンティークホワイトを使用しました。

突っ張り棒を使用した簡単なものですが、

夕方キッチンで過ごしやすくなったと喜んでもらえました。

アンティークホワイトのやさしい色合いも気に入ってもらえたようです。

些細なことで喜んでもらえて嬉しかったのと同時に

母とはなんでもわかり合えている仲だと思っていたので

もっといろいろ話をして、自分にできることをしてあげたいと思った1日でした。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実家つながりでもうひとつ。

先日の父親の誕生日にシャツをプレゼントしました。

最近は既製の洋服をプレゼントしてもあまり喜んでもらえませんが、

てづくりのものは喜んでもらえました。

散歩やお出掛けに着てくれているようでとても嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日暑い日が続きますね。
昼間の暑さについつい出不精になっています。

製作熱は相変わらずで、以前から気になっていた「日傘のキット」を購入し初挑戦してみました。



布、傘骨、ツユ先、石突、留め具がすべて入っているのでミシンと接着剤のみ用意して製作をスタート。
型紙を作り、布を裁断するまでは慎重に慎重に進めました。




裁断の後はミシンで縫い繋げ、あっという間に傘らしくなってきました。



細かなパーツはあまりなく順調に製作が続きます。


思っていたより作業はサクサク進み慎重に進めていたわりには早く仕上がり6時間ほどで完成しました。



程よいハリ感で仕上がり大満足です。



上手く出来たので黒は長女にプレゼントしました。 今はブルーで次女の日傘を製作中です。


おまけ
次女が作ったペットボトル人形。
髪を結ぶ練習用につくったらしいのですが毎日髪型を変えています。
少し怖いです。

今朝は三つ編みになっていました。




今朝は夜会巻きだそうです、、、