written by CHECK&STRIPE staff

肌寒くなり、「読書の秋」がやってきました。

今月読んだ内の4冊を紹介します。

 

 

・『平日』(文藝春秋) 石田千

平日の東京を巡る文章。様々な場所の様々な平日が描かれていますが、一番最後の「聖なる平日 バス観光」が良かったので、いつかあのバスに乗ってみたいと思いました。石田さんの文章の流れや書き方が素敵です。

 

・『ごはんぐるり』(文春文庫) 西加奈子

同じ関西人として分かるー!という話があったり、幼少期をエジプトで過ごした西さんならではの話があったり。ごはんにまつわる楽しいエッセイです。

 

・『うつくしい人』(幻冬舎文庫) 西加奈子

こちらは西さんの小説。悩み、不安を抱えて急に旅立った離島のホテルで主人公が出会った2人の男性。この2人との出会いによって心がゆっくりほどけていく主人公。自分で自分をがんじがらめにして苦しかった考えや思いが、だんだん変わっていく様子が良かったです。

 

・『彼女の存在、その破片』(小学館文庫) 野中柊

初めて読む野中柊さんの作品で、そのタイトルと網中いづるさんの美しい絵に惹かれて手に取りました。

失踪した恋人を探すため、その恋人と関係のあった人々を訪ね彼女がどういう人だったかというその破片を集めていきます。こちらはまだ読み途中ですが、「愛の謎と復活を描く長篇小説」ということで、ミステリーやサスペンスとは違うドキドキ感があります。

 

 

自分では思い描かない世界や感情を知ることができる本に毎回魅せられます。

風景や人物の容姿、声など、映画とは違い、想像するしかないというところが本の素敵なところだと思います。

本を読むのが好きで、こちらのブログでも本のことを書く機会が多いのですが、

2週間に一度行く図書館で、4冊借りることを習慣にしています。

 

ミステリー好きのため、4冊のうち、2、3冊はミステリーなのですが、

あとはエッセイややわらかい感じのする本を選ぶことにしています。

 

ミステリー以外で最近お気に入りなのが、石田千さん。

 

『バスを待って』(小学館文庫)

『きんぴらふねふね』(平凡社)

 

どちらも◎でした。

特に「バスを待って」がすごく良く、東京に住んでいたら、もっと風景が見えるような気分なのだろうなと思います。

 

そういえば、以前バス通勤をしていたときに、降りるバス停の直前まで眠ってしまっていて、知らない方が「次、降りるんじゃないの?」と起こしてくださったことがありました・・・。恥ずかしい思い出ですが、気軽にそんな風に言える人に憧れます。

 

まだ読んでいない石田さんの作品を読むのが楽しみです。

最近、とっても癒されるかわいい絵本を見つけました。

バムとケロのシリーズ。やんちゃなケロちゃんをいつも優しく見守るバム。バムの優しさを見習おうと思いつつ、なかなかできずに娘に叱言を言ってしまいます。

娘がだいぶ小さな頃から大好きで読んでいる2冊。給食番長は100回くらい読まされました。

いただいてお気に入りになったペネロペ。5歳の子が持つのにちょうどよい大きさなので、ひとりで読んでいます。

いただいたこちらの絵本たちもお気に入り。

私の自己満足で購入した絵本。実際にティムバートン監督が描いているのだそう。絵が美しいです。


最近むすめのふくをご紹介できていませんが、少しずつ縫っています。

トラネコ刺しゅうの生地でお揃い風に。娘のはおまけレシピの子どもデイリーワンピースのアレンジです。かなり簡単にできるので量産してます。
7月1日から自由が丘のworkroomでトラネコ商店も開催します!

友人がおすすめしてくれていた映画「人生フルーツ」。
津端修一さん と 英子さん夫妻の暮らしを取材したドキュメンタリー映画です。
残念ながら映画の上映には駆けつけることが出来ませんでしたが、先日、本屋さんでおふたりのインタビューをまとめた書籍をみつけたので、毎日少しずつ読み進めています。
本の中では、季節に応じた畑仕事や食事についてもじっくりと書かれています。


そんな、おふたりの生活に影響されて今年は初めて家で取れたうめを使って、うめ仕事に挑戦してみした。


ジャムにウィスキー漬けとはちみつ漬け。
ジャムはトーストやヨーグルトはもちろん、バニラアイスクリームとの相性も抜群でした。
夏には、ウィスキー漬けとはちみつ漬けのうめをサイダーに入れて飲んでみようと妄想中。
これで今年の夏も乗りきれそうです。

女優 中谷美紀さんのエッセイを読んでいて、内容が面白かったので同僚に話をしていたら、「中谷美紀さんのインド旅行記が面白いですよ!」と教えてもらい、貸してもらいました。

中谷さんがインドを一人旅した記録で、
北インド編から始まり、南インド編、東・西インド編、写真編の4冊出版されています。

笑いあり、涙ありの一人旅。
4冊目の写真編で、写真がまとめられているので、読みながら写真を見るとより楽しめます。

なかなかこういう一人旅はできないので、読みながら未知の国インドを妄想し、脳内旅行しています。


小川糸さんの小説『ツバキ文具店』(幻冬舎)を読みました。

鎌倉で代書屋さんを営む女性のお話です。
今ではあまり聞き慣れない代書屋というお仕事。
ただ代筆するだけでなく、依頼者の気持ちを読み取って手紙の内容までも一から考えるのです。
手紙ひとつひとつに一生懸命に向き合って書かれた文章はとても優しくて、心が穏やかになれました。
また舞台になっている鎌倉の情景や主人公の丁寧な暮らしぶりにも惹かれました。
最近はメールで済ませてしまうことが多いのですが、誰かに手紙を書いてみたくなるような
そんなお話でした。

4月からこの小説をもとにしたドラマも始まりました。
また楽しみができて嬉しいです。




木皿泉さんの『昨夜のカレー、明日のパン』(河出書房新社)を読みました。

 

夫 一樹に結婚早々旅立たれてしまったテツコと、一樹の父「ギフ」。
テツコにとって、ギフは「義父」なのですが、2人は自然に一緒に暮らしています。
その2人と一樹に関わる人々のお話です。

 

木皿さん脚本のドラマ「すいか」が大好きで、毎年夏になるとDVDを観ていますが、この「昨夜のカレー、明日のパン」も◎
ガチガチに固まった心が溶けていくような感じがします。

 

繰り返し読みたくなる1冊になりました。



淡路島へレモン狩りに行ってきました。
なのでずっと眺めて満足してた、
若山曜子さんの「レモンのお菓子」を出してきました。



まず最初に作ったのはレモンケーキ。
グリーンレモンを使ったので香りが爽やか。



レモンカード。
ガレットに乗せてみました。
パンに乗せたり毎日食べたくなるおいしさでした。



レモンのポルボローネ。
ホロホロと優しいお菓子です。

若山さんの本は写真もスタイリングもかわいくて、
作り方もわかりやすく、
娘と楽しく作ることができました。
次は何を作ろうかな?



実はりんごのお菓子も待機中です。


最近買ったお菓子の本、『りんごのお菓子』。
りんごのお菓子を作るのも食べるのも好きで、
私も思わず手にとってしまいました。
定番のものから新しいものまで、りんごを使ったお菓子レシピがたくさん詰まっている一冊です。

まずは、紅玉を使って手軽に作れるクランブルを作ってみました。
さすがは紅玉りんご。焼きたてのあつあつはクランブルの食感も相まって絶品でした!
りんごの季節もそろそろ終盤ですが、また季節がやってくるのが楽しみです。
次はタルトタタンにも挑戦してみたいなぁ。。

先日のイベントで購入したロングトラックフーズさんのアップルジャム。
果肉たっぷり、甘さと酸味のバランスが絶妙でこちらもお気に入りです。

料理は作るのも、食べるのも大好きです。
この料理にあの素材をたしてみたら、別の素材で作ってみたらなど、
日々の生活の中でちょっとした冒険と挑戦が出来るのも料理が好きな理由です。
そんな冒険心をかきたててくれる料理のレシピを見るのも好きなことのひとつです。


先日はイギリスからやって来た友人が、お土産に新聞折り込みのレシピ冊子を持ってきてくれました。
オーブン料理が多く残念ながら我が家では作れないレシピも多いのですが、素材の組み合わせから味や彩りを想像してみたり、、、。


こちらは、カルフォルニアにあるレストラン「シェ・パニース」のシェフであるアリス・ウォータースさんのレシピ本。
アリスさんの娘さんが描かれたイラストとともにレストランの物語と46のレシピが紹介されています。


旬の素材にこだわったアリスさんの料理哲学。
そのため、レストランのメニューもその日に仕入れた食材で一日1コースのみ提供されるそうです。
そんな「シェ・パニース」をいつか訪れてみたです。