written by CHECK&STRIPE staff

祖母から文旦やレモンやネーブルが届きました。
実家の庭にはいろんな柑橘類の木がなっていて、食べごろになると季節ごとに送ってくれます。


そのまま食べてもおいしいのですが、文旦の砂糖漬けとレモンジャムを作ってみました。


IMG_0277.jpg
水にさらして下ごしらえを。

IMG_0270.jpg
クリームチーズの上に文旦の砂糖漬けをのせてトーストに。

IMG_0292.jpg
レモンはジャムにしてヨーグルトの上に。

冬の終わりにコトコトとジャム作りは楽しいものです。
祖母にもお返しにレモンジャムを送りたいと思います。

まだ寒い日はありますが、春の気配を感じるようになりました。
日々の生活の中でちょっとだけ気分転換も兼ねておやつの時間を楽しんでいます。

見た目にもかわいいイチゴはそのままでいただきます。


この日は大好きなリンゴをタルトにしたものだったり。


映画を観るときはお決まりのポップコーンも!


こうして毎日のおやつの時間を楽しんでいます。

〜おまけ〜


自分のお気に入りのおもちゃはいつもクッションの上に置いています。

先日「子どもお味噌作り」のワークショップに

下の子が参加してきました。

   

大豆は事前に預かり、家でたっぷりのお水に5時間ほどつけていると

ひよこ豆のようなまん丸だったお豆がしっかりお水を吸って倍の大きさになりました。

その後、お豆を指でつぶせるぐらいにまでことこと煮ます。

家での作業はそこまで。

 

その後、子どもだけワークショップに参加して

色々なお豆の種類を学んだり、

参加した子どもたちで力を合わせてお味噌作りをしたり、

美味しいお味噌汁やお豆おにぎりも食べたりして

五感をたっぷり使ったワークショップだったようです。

  

1月に仕込んだお味噌は5月頃には完成するそうですが

10月頃まで待つとまろやかでふくよかなお味になるとか。

10月になったらどんなお味噌ができているか、

完成までの過程とともにとても楽しみです。

年末年始のお休みに、お味噌をつくりました。

何年か前にワークショップで教えてもらってから
その味にはまり,作るようになりました。

大豆を水につけておいて、ふっくらしたらゆでてつぶします。




大豆をつぶすのが少し大変ですが、
大豆のやさしい色あいにいやされました。

糀はいつもこちらのものを。



糀屋雨風さん。
元禄二年創業だそうです。

あとは糀と塩をすりまぜ、つぶした大豆に混ぜて、容器へ。



できあがりが楽しみです。
おいしくなりますように。



 

最近、関西ではどうやらあたらしいカレーが流行っているらしい・・・

とテレビやお友達の情報を聞いて、あたらしいカレーにチャレンジしてみました。

 

まずは大阪の谷町六丁目にある「アララギ」さん

 

 

古い民家がカレー屋さんになっていて靴を脱いで座敷でくつろげるお店でした。

あたらしいカレーというのはスリランカカレーいうもので、

ごはんとカレーの周りにいろんな野菜のピクルスや野菜のちいさなおかず的なものなどが並んでいて、全部をひたすらまぜまぜしてたべます。

これが、野菜の食感がフレッシュでとてもおいしいのです!

カレーもスパイスが聞いていてさわやか〜

ちなみにお子様カレーもありました。

 

とてもおいしかったので神戸の方にも行ってみました。

 

ここは神戸の王子動物園近くの「カラピンチャ」さんです

 

 

こちらはおしゃれなカフェのようなお店でした。

2種類のカレーをかけて、周りのおかずをまぜまぜまぜ。

ここのカレーも辛いのですがとてもすっきり!美味しい!

食べた後になんだかとっても体にいいものを食べたな〜と思える味でした。

 

大阪にも神戸にもまだまだいろんなカレー屋さんがたくさんありそうなので

いろいろ探してチャレンジしてみようと思います!

 

 

 

 

 

秋も深まり、私の食欲も増すばかり。
朝食には、美味しいパンを食べる事が何よりの楽しみです。

食パンにはもうずっと、
「バターとブルーベリージャム」
または
「バターと栗ペースト」
と決まっています。




パンは、色々なお店のものを食べますが「ダンディゾン」のパンがある朝は、特に気持ちが弾みます。




このサイズが良いのです。

この形のパンの中にも、バターを使ったもの、使わないもの、豆乳入りのものなど数種類あり、どれも個性のある美味しさなのです。今日はどれにしようかな♪と悩むのもまた、楽しみです。


おまけ

キッチンクロスはリネンの物を愛用しています。
色は赤系と青系に決めていて、寒い季節は赤を



暑い季節には青を、使っています。

少し前になりますが、
毎年秋に楽しみにしていることがあります。それは奈良に無花果を買いに行くことです。
とれたての奈良の無花果はとっても甘くて美味しいのです。

実はこのお店のおばあちゃんは無花果が嫌いみたいです。





前日取れた無花果はジャム用としても販売しているので沢山買いだしました。


さっそく家に帰ってジャム作りです。砂糖とレモン汁を入れて弱火でコトコト30分。

少し買いすぎてしまいジャム瓶5個分も作ってしまいましたが…毎日ヨーグルトにかけてせっせと食べています。

この時期にしか食べられないのでとても貴重です。



機会があれば奈良まで買いに行ってみてくださいね。
これから旬の黒豆、柿、梨……
寒くなるのは苦手ですが、
食べ物の美味しい季節!!楽しみです。
まさに食欲の秋ですね。


9月に入りましたが、まだもう少し蒸し蒸しと暑い日が続きそうです。
毎年夏になると毎日のようにアイスを食べているような気がします。今年の夏もたくさん食べました!
この夏何度もご近所サンクさんへ買いに走ったmikanedのアイスキャンディー。
お気に入りは、レモンカード&〜〜味


サンクさんのイベントで出ていたmikanedで作る『FRUIT ICE POP SODA』冷たいアイスとシュワッとしたシロップのソーダ割りが美味しくて生き返りました!


夏の定番サクレレモン!
レモンの輪切りがそのまま乗っかって、さっぱりと食べられます。

今年の夏、はまってよく食べたカルピスアイスバー
こちらもさっぱり!


ハーゲンダッツの定番ストロベリー
ハーゲンダッツアイス専用スプーンを貰いました。興味深い食べ方派の説明書付
。無意識のうちにいつも決まった食べ方をしているカップのアイス。私は表面を少しずつかきとる水平派からの入念にボール型に仕上げる球体派でした。

食後のお楽しみはしばらく続きそうです。

毎週金曜日の夕食はカレーと決めています。

今まではカレールーを使って作るお手軽カレーでしたが、

行きつけの美容師さんが作ったカレーを食べてからはスパイスたっぷりカレーにはまり続けています。

オススメされた本を買いまずは研究。

 

 

自分好みのスパイスをたっぷり入れて作ります。

ニンニクと生姜を摩り下ろし、

お次は玉ねぎの皮をひたすら剥いて

 

フードプロセッサーでみじん切り

 

 

オイルで炒めている間にフレッシュトマトの皮を湯むきします。

いつもはトマト缶を使いますが、実家から大量のトマトが届いたので大量消費です。

つやつやトマトです!炒めている玉ねぎが透明になってきたらトマトを投入します。

潰しながらひたすら炒めてお好みのスパイスをたっぷり投入します。

 

 

今日はクミンシードとコリアンダーと赤缶カレーを使います。

研究した割にはアレンジしまくりです。ひたすら火を通して出来上がったカレー

 

爽やかカレーです。

食べる前に素揚げした野菜を投入し、毎回具材を変えて食べるのが我が家流。

玉ねぎ&トマトが嫌いな娘もこちらのカレーは大好物です。

 

お手軽カレーの素も充実の我が家です。

 

北海道のスープカレーと

父の好物 オリエンタルカレー
まだまだ続く夏休みはカレーで乗り切ろうと思います。

先日、国産の無農薬のレモンをいくつか頂いたので、

 

ウィークエンドシトロンというレモンのケーキを作ってみました。

週末に大切な人と食べるケーキという素敵な意味がこめられているのが

名前の由来のようです。

 

糖衣がけがあまりきれいではないのですがなんとか完成しました。

レモンの酸味が爽やかで暑い時期でも食べやすいケーキでした。

あともう一つ、前から気になっていた塩レモンも作ってみました。

塩とカットしたレモンとまぜるだけでとっても簡単!

一か月後くらいには食べれるようになるようなので楽しみです。

お料理にいろいろ使いこなして暑い夏を乗り切りたいです。