written by CHECK&STRIPE staff

先日、奈良のくるみの木に行って来ました。雨の影響なのか日曜にも関わらず奈良の街全体の車の往来が比較的少なめでした。
いつもの駐車場の確保にも苦労する程混雑するくるみの木もその日は比較的ゆったりした感じ。久しぶりの訪問だったのですが、これまで所狭しと並べられていた雑貨の売り場が、以前まで待合スペースだった店の奥に移動しゆっくりとお買いものができるように変わっていました。



気になるものは色々あったのですが、
並んだ結果今回はお皿を購入し、あとは我が家の定番お味噌を買い、束の間の穏やかな1日となりました。



お庭の中庭に咲いていた藤の花がとってもきれいでした。



我が家のジューンベリーも
たくさんの芽が出て来ました。
実がなるのが楽しみです。



 

暖かくなってきて、いろいろなところに出かけたくなります。
先日は電車で滋賀県へ行きました。

まずは長浜へ。
かわいいパン屋さんがありました。
店の奥に進むと、外にテーブルがあって、
作りたてのサンドイッチを食べることができました。
天気もよかったので、外で食べるのはとても気持ちがよかったです



以前来たときには長蛇の列に諦めた人気の親子丼も
今回は食べることができました。



その後は少し離れていますが、こちらにも寄りました。
和菓子や焼きたてのバームクーヘンなどが食べられる「ラ・コリーナ」



広い敷地に作られた建物や、建物を抜けたところにある池の景色が、
少し別世界に来たようでふしぎな感覚でした。
また違う季節にも来てみたいなぁと思いました。

帰りにバスを待っている間、バス停の周りにはこんな景色が広がり、
普段はなかなか見れない景色にうれしくなりました。


日帰りの小さな旅でしたが、やっぱり旅はいいなぁと思った1日でした。
桜が少し咲き始めたころ
書くことが好きな友達と
蔵前さんぽしてきました

まずは
ペリカンカフェで
本日のトースト 
スモークサーモンのムース花見立て

ハムカツサンド


11時からのフルーツサンドも忘れずに
気になる建物に立ち寄りつつ
行ってみたかった
カキモリへ


ペンと紙の相性を
いろいろ試すことが出来ます

そして
メインイベントは
オリジナルインク作り


1滴ずつ混ぜ合わせ
自分の好みの色ができあがったときは
おめでとう!
の気分でした

いろいろ書きたくなってきました

よく晴れて寒さがゆるんだ日曜日、あべのハルカス美術館にいきました。
お目当ては、『生誕120年 東郷青児展 夢と現(うつつ)の女たち』です。

 

東郷青児さんの美人画を知ったのは、高校生の時。

京都にいる姉がアルバイトをしていた喫茶店のコップに美人画が描かれていました。姉から東郷青児さんを教えてもらいました。

それから松本で立ち寄ったお菓子屋さんの包装紙や、立ち寄ったどこかのホテルのロビーなどで、美人画に出会ってきました。

生誕120年でたくさんの絵が見れるとワクワクしていきましたが、期待を裏切らない満足感に満たされました。

 

美術館をでると、展望台があります。

 

東郷青児さんの絵の世界も、あたたかいような冷たいような風の吹く展望台からみる大阪も

夢か現かわからなくなるくらい、ぼんやりとした頭で余韻を楽しみました。

 

楽しんだ後は、おなかが減ったので、梅田に移動して大好きなカフェでお茶しました。

いちごのタルトは、ほっぺが落ちるおいしさでした!

この時期だけのケーキに至福の時間を過ごしました。

 

東郷青児さんの展覧会もいちごのケーキも夢のように心地よい気持ちをくれました。

 

最後に最近作ったものを。

『CHECK&STRIPE 北欧てづくり散歩』からお出かけワンピースをC&Sオリジナルコットンパピエギンガムチェック ネイビーグレーで作りました。

これからの季節にぴったりな洋服でうれしくなりました。

 

 

違う生地でも作ってみたい1着です。

 

 

妹と連休のお休みが合ったので、急遽どこかへ出かけよう!と言うことで熱海へ行って来ました。

都内からは新幹線で45分程という近さです。
駅に着いて商店街に出ると、観光客でとても賑わっていました。建物や看板に書かれたフォントなど、

全てが昭和から時が止まったかのような雰囲気です。

戦後少ししてオープンしたという、カフェボンネットで休憩しました。

ハンバーガーやカツサンドが、ジューシーで見た目以上の美味しさでした!


色々興味深い店内についつい長居してしまいました。

全国で2番目に大きい杉の木、樹齢2000年以上だそう。

どんな時もずっとここに立ち続けているだなあと思うと、自然と拝みたくなりました。手を当ててパワーを頂きました!

ドライブがてら田貫湖へ。静かで水の音や鳥の鳴き声だけが聞こえてきます。

残念ながらこの日は富士山は見えずでした…

京都へはときどき行きたくなります。

橋の上から見る鴨川の景色が好きです。
季節やその日の天気によって景色が変わり
それを感じるのも楽しみです。




この日は行きたかったお店へランチに行きました。



菜食 光兎舎さん。
とても素敵なお店でした。
野菜がたっぷりで、どれもとてもおいしく、
お肉やお魚がなくてもお腹がいっぱいになりました。
お料理が出てくると、思わずわぁと声が出てしまうくらい、
器や盛りつけも素敵です。



その後はギャラリーに寄ったり、カフェでお茶をしたり。
カフェはME ME MEというこちらも初めてのところでしたが、
雰囲気がよく、とてもくつろげるカフェでした。



少し暖かくなってきてまたそろそろ京都へ行きたいなぁ、
と思っています。

少し前のことになりますが、彦根へ行きました。

 

彦根といえば国宝彦根城です。

徳川四天王と言われ、また多くの大老を輩出した彦根藩主井伊家のお城、美しく立派で見ごたえのあるお城でした。

お堀も広く、城下町も整備されてとても綺麗でした。

 

そして、彦根城といえば、ひこにゃんです。

  

小学生の娘は、一緒に写真を撮ると張り切っていましたが、ひこにゃんは人気者なので、柵から近づくことはできませんでした。

 

夜は、玄宮園という彦根城のお庭のライトアップを見ることができました。しっとりとやわらかい光に照らされた庭園やお城が美しく、印象的でした。

 

一泊して翌朝は、クラブハリエジュブリルタンで、モーニングをしました。

   

 

2階のカフェで琵琶湖を見ながら、優雅なひとときです。

  

フレンチトーストもとてもおいしかったです。

 

1階はパンショップ。

  

ここでしか買えないおいしそうなパン、ついつい、たくさん買ってしまいました。

 

  

ボール型のパンの中には、バウムクーヘンが!

 

関西出身ではない私は、彦根も琵琶湖も初めてでしたが、想像以上に素敵な場所で、すっかり大好きになりました。

琵琶湖のゆったりした風景も印象的で、また暖かい季節に、ゆっくり琵琶湖の周りを旅行したいです。

 

娘は、ひこにゃんチョコをおみやげに買っていました。

ひこにゃんの表情がとても可愛いです。

 

 

 

 

少し前に日光を訪れてみました。

 

都内よりだいぶ空気が冷え込んでいて空気が澄んでいました。

日光東照宮は、修復工事を終えたばかりで、たくさんの観光客で賑わっていました。ここは日本かな?と思うほどに色彩鮮やかな装飾でした。



C&Sのアップリケにもある、見猿、言わ猿、聞か猿もいました!

意外とあっけなく登場するので拍子抜けしました。



見猿のお守りを買いました。


帰りに立ち寄った日光金谷ホテル。トイレの壁紙まで可愛い…今度は泊まってみたいな〜と思いました。


吉祥寺店には岡澤悦子さんのピッチャーやチョコが入荷しています。



イイホシさんのボウルもあと少しだけ、残りがあります。
お探しの方、是非いらしてください。

休暇を利用して熊本に移住した友人に会いに行きました。

熊本は、中学校の修学旅行で訪れた事があり、思い出深い場所です。

iPhoneImage.png

やはり熊本!

くまもんもいろいろなところで見かけました。

 

 

友人宅が、阿蘇まで1時間くらいのところに住んでいるので

思い出の阿蘇までドライブに行きました。

iPhoneImage.png

熊本は、赤牛が有名のようで「赤牛丼」をいただきました。

行列のできるお店・・その日がとても寒い日だったのですが

タイミングよくすぐに入ることが出来ました。

 

iPhoneImage.png iPhoneImage.png

地元の食材を販売されているお店で買い物をして、

友人と一緒にごはんを作りました。素材がいいこともあってどれも美味しかったです。

 

まだまだ、熊本には行ってみたいところがたくさんありました。

また、でかけていきたいと思います。

 

 

 

神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展」へ行きました。

 

古代エジプトから中国美術、日本美術、

ゴッホ、モネ、アンディ・ウォーホルまで

ボストン美術館からの選りすぐりの展示で

とても見ごたえがありました。

お土産にイラストレーター長場雄さんとの

コラボレーショントートバッグを購入し、さらに大満足でした。

 

特別展を堪能したあとはいつも楽しみにしている常設展へ。

1Fホールを見下ろす馬形埴輪へ挨拶をしてから古代から現代までの歴史の展示を見学します。

常設展示

(こちらの画像はHPよりお借りしました)

小学生のころから何度も見学している

常設展ですが、いつも新しい発見があり

大人になってからも十分楽しめます。

 

神戸市立博物館はこの特別展の閉幕後、

大幅なリニューアル工事のため

2019年11月1日(予定)まで休館するそうです。

長期の休館はとても寂しいですが、

新しく生まれ変わる神戸市立博物館を

首を長くして待ちたいと思います。