written by CHECK&STRIPE staff

木皿泉さんの『昨夜のカレー、明日のパン』(河出書房新社)を読みました。

 

夫 一樹に結婚早々旅立たれてしまったテツコと、一樹の父「ギフ」。
テツコにとって、ギフは「義父」なのですが、2人は自然に一緒に暮らしています。
その2人と一樹に関わる人々のお話です。

 

木皿さん脚本のドラマ「すいか」が大好きで、毎年夏になるとDVDを観ていますが、この「昨夜のカレー、明日のパン」も◎
ガチガチに固まった心が溶けていくような感じがします。

 

繰り返し読みたくなる1冊になりました。