written by CHECK&STRIPE staff

「LIGHT IT UP BLUE ライト・イット・アップ・ブルー」というイベントを ご存知でしょうか?

毎年4/2は国連が定めた世界自閉症啓発デーということで、日本や世界の名所で 青い光が灯されるそうです。
北海道から沖縄まで、東京タワーや札幌時計台、岡山城や名古屋のテレビ塔など、日本では160か所以上。

世界ではギザのピラミッドやシドニーのオペラハウス、ニューヨークのエンパイアステイトビルディング、
カナダのナイアガラの滝もブルーにライトアップされます。 

                 


こちら関西では大阪城や通天閣、ポートタワーや明石海峡大橋、姫路城などもブルーに染まるそうです。
詳しくはこちらをご覧ください。

このライト・イット・アップ・ブルーの啓発運動は、
芦屋に事務局をおくNPO法人「あっとオーティズム」が スタートしたということで、
3/25に行われたプレイベントにfabric&things(芦屋店)が
ブルーのブレスレットを作るワークショップの お手伝いをさせて頂きました。

「阪急阪神 ええまちつくり隊2017」のプログラムのひとつとして開催されたもので、
約70名の皆さまでブルーのリバティプリント(Eloise)でウッドビーズのブレスレットを 作りました。

  

ひとつひとつビーズ生地でくるみながら結んでいくのは、最初は少し難しいようでしたが、 皆さま無事完成されました。
手に付けて記念撮影などもお楽しみ頂きました。

私はLIGHT IT UP BLUEの事を知らなかったのですが、今回ワークショップをさせていただき、
多くの方が自閉症についてご尽力されている姿を拝見し、少し理解を深めることが出来ました。

ぜひ4/2の夜、夜空に青い光を見つけて頂けたらと思います。