written by CHECK&STRIPE staff

放っておけばどんどん増える本。
置き場などにも困るので、最近はなるべく図書館で借りることにしています。

しかし、やはり手元に置いておきたい本があります。
そんな本を見つけると、一応悩んではみるのですが、もう自分の本棚に入っていることが頭の中に描かれています。

 

最近買いだしたのがこちら。
 
『向田邦子全集』(文藝春秋)
今2巻を読んでいるのですが、2巻は小説「あ・うん」です。
時代が違うところが新鮮で、今のところこの話がずっと続いてほしい、主人公たちの日常をこのままずっと見続けていたいと思いながら読んでいます。

 

そしてこちらも手元に。

『森のノート』酒井駒子(筑摩書房)
絵本作家 酒井駒子さんの、絵とエッセイから成る画文集。
とても素敵な本なので、夜眠る前のゆっくりとした時間の中で読むことにしています。

 

こうしてやっぱり本は増えていきます。。。