written by CHECK&STRIPE staff


今年の大河ドラマ『西郷どん』。生まれ育った鹿児島の西郷さんが大河ドラマに決まった時から楽しみにしていました。地元鹿児島も盛り上がっているようです!

休みの日は、録画したせごどんを見るのが楽しみになっています。

西郷さんの座右の銘としても有名な『敬天愛人』と言う言葉がありますが、通っていた中学校の校歌の歌詞に出てきたり、体育館にも立派な盾にこの言葉が大きく飾られていました。
西郷さんにまつわるもの、お話が身近にあったはずなのに、知らないことがたくさんあります。
フィクションも多いと思いますが、あの場所でこんな歴史が繰り広げられていたのかぁ、と想像するとなんだか不思議な気持ちです。
東京藝術大学の美術館で開催中のNHK大河ドラマの特別展に行ってきました。
西郷さんの盟友達との直筆の手紙や着ていた服の展示、その他にも島津斉彬や篤姫の所有品の展示などもあり、とても見応えがありました。

何よりも、直筆の『敬天愛人』の大きな掛け軸には感動しました。とてもよく見たことのあるフォントでした。体育館に飾られていたものは、西郷さんの直筆のフォントをそのままに複製したものだったんだなあ、今頃知ることになりました。

帰ったら所縁の地巡りをしたいね、と地元の友達と話しています。
そしてやっぱり大きな桜島を眺めたいです。