written by CHECK&STRIPE staff
息子のパジャマを作りました。
今回はコットンパピエギンガムチェックのネイビーで。

パジャマはいつも手作りで、夏は涼しいサッカー生地、冬は暖かい起毛の生地など、季節に合わせて生地を選びます。
子どもたちが小さい頃は、兄弟お揃いで作ったり、時には私も色違いで作ってみたりと、パジャマは何枚も作りました。


そして、もうひとつ最近作った贈り物。
「てづくりのシンプルスタイル」のコーティングポーチ。

お世話になった友人にプレゼントしました。
かわいくて、使いやすいサイズなので、プレゼントにおすすめです。

先日、fabric&things(芦屋)で開催されたTAjiKAさんの鋏相談会で、小さな鋏に一目惚れし購入しました。


「TAjiKA」はCHECK&STRIPEのオリジナル鋏を使って下さっている多鹿治夫鋏製作所の製品で、その中でも「iron」シリーズはハンドメイドならではの風合いとアンティークぽい雰囲気が魅力です。


HEAB SHEARSという名前のこちらは、イギリスでハーブを収穫するのに使用した鋏をイメージしているもので、針仕事だけでなくガーデニングにも使えるそうです。


先が細くて鋭いので、細かな糸の処理もしやすく、私は刺繍用の鋏として使っています。


お気に入りの道具か増えて嬉しいです。

木の食器が好きなので、少しづつ集めています。

お手入れの方法をよく知らなかったので、

当初よりも、白っぽくなってきていました。

先日、簡単なお手入れ方法を教わったので

早速実践しました。

iPhoneImage.png iPhoneImage.png

クルミの実を、布で茶巾包みにします。

布の上から、つぶしていくと簡単に布にくるみの油がじわっとでてきます。

それで食器を拭きます。

iPhoneImage.png

楽しくなりいろいろと拭いてみました。

白っぽくなって利用頻度が少し減っていましたがまた活躍しそうです。

 


おかげさまで、4月4日に吉祥寺店が6周年を迎えました。いつも吉祥寺店をご利用くださって本当にありがとうございます。
少しでもワクワクと楽しい時間を過ごして頂けるような空間を目指して、これからもスタッフみんなで取り組んでいきたいと思っています。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

感謝の気持ちを込めまして、5日(木)〜8日(日)まで、6周年記念のイベントを開催中です。

ハギレセットやタグセット、カットソースクラップセット、リバティアソートセットなどお得なセットをご用意しています。

(無くなり次第終了となります)

リバティを使った色合わせが楽しいキット。


おまけレシピ『後ろギャザーの巻きスカート』をご用意しています。

イベント期間中、リバティプリントを用尺分ご購入の方でご希望の方にお付け出来ます。

 

毎年恒例のガラガラ抽選会。もれなく当たる5等のタグはこちら。

お声の多かった人気のリバティプリントのタナローンやビニールコーティングが多数入荷しています。

イベント期間中のダブルポイントのこの機会に是非お買い求めください。
風船のプレゼントもありますので、お子様と一緒に遊びにいらして下さい。

少しずつあたたかくなってきたので、友人と集まり、バーベキューをしました。

サラダやマリネが準備され、

ホタテを焼いたり、サザエを焼いたり、

豚肉や厚揚げを焼いて。
 
その傍らで、手づくり燻製キットによる燻製づくりも。

扉を締めると「取り扱い注意」です。

もくもくと燻します。
できあがり。ベーコン、チーズもですが、きゅうり、たくあんもおいしかったです。

シメはタンドリーチキンでした。

私は食べてばかりでしたが、料理上手な友人のおかげで充実したバーベキューでした。
外で食べるごはんもおいしくて、春を感じる楽しい一日でした。
それにしてもバーベキュー、いろんな料理ができることに感心しました。

だんだんと暖かくなってきました。
先日、ハーフリネンストライプのビニールコーティングでビッグトートを作りました。
店舗でコーティングの生地50cm以上お買い上げで差し上げているおまけレシピです。



お花見や運動会で使うお重がはいるようマチを少し大きくしました。

ナチュラルリネンブロックチェックで大きな風呂敷を作りました。
運動会やピクニックなどで広げてテーブルクロスとしても使えます。






これからの季節、ピクニックやプールなど大活躍しそうです。

脚本家 木皿泉さんが、ご自身のエッセイの中で紹介されていてとても気になっていた、佐川光晴さんの『おれたちの青空』(集英社文庫)を読みました。

ハッピーエンドの物語を読んだり見たりすると、小説やドラマだからこんな風にうまくいくんだ、現実はそうではない、と思うことがよくあると思います。

ただ、現実にもこういうことがあるんだよということを知ってほしい、木皿さんがそうよくエッセイなどに書かれていて、うんうんと頷いているのですが、この佐川さんの物語にもそういうところがとても感じられました。

 

昔からなぜかわからないのですが、家族ではない人たちが同じ場所で暮らしている、という物語に惹かれる傾向があり、この「おれたちの青空」は、札幌の児童養護施設で暮らす子どもたちとその施設を運営しているおばさんの物語です。

 

この本を読んでいる途中に、ああ、読み終わりたくないタイプの本だなと思いながら、インターネットで佐川さんの本を調べていたら、シリーズだということが分かりとても嬉しくなりました。

 

最初に読んだのが「おれたちの青空」でしたが、これはシリーズの2巻だったようで、今シリーズの1巻の「おれのおばさん」を借りています。このあと「おれたちの約束」、「おれたちの故郷」と続くので、これからしばらく心は札幌・・・ということになりそうです。

葉山のSUNSHINE+CLOUDさんが吉祥寺にやってきました。

ただ今、ギャラリーフェブさんで開催中のイベントです。

明るいフェブさんのスペースに並んだ
洋服は、見ているだけでわくわくします。

その中から、1枚選んで夫に購入しました。


サイズ1/身長174センチ、体重68キロ



普段とは違ったプルオーバータイプのシャツ。

着心地も良く、気にいってくれたようです。


ギャラリーフェブさんの後、各店舗でも開催されます。

きれいな色のTシャツやバッグも気になるところ。
プレゼントにも喜ばれそうです。



蓬莱和歌子さん『刺繍で綴る日々の装い』文化出版局より
「三角のブーケのミニスカーフ」を作りました。

生地は天使のリネン アンティークホワイトにしました。
生地と糸を同系色にしたので
刺繍がさりげなくアクセントになりました。

肌触りの良い柔らかいリネンなので
スカーフにもオススメです。
これからの暑い季節、日除けや冷房対策にも使えそうです。
.........................................................................
3月30日(金)31日(土)神戸店にて
蓬莱さんの本の中の作品を展示いたします。
丁寧に刺繍された作品、どれもかわいいです!
是非この機会にご覧くださいませ。
ご来店お待ちしております。


職場の近くには、たくさん映画館があるのですが、
最近、仕事終わりにレイトショーを観に行っています。

これは少し前になりますが、「PATERSON」

ジム・ジャームッシュの作品。

一人のバスの運転手の1週間のお話。
いつもと変わらないような毎日の暮らしの中で、
奥さんとの会話やユニークな人との出会いを描く映画。

置いてある家具や小物が素敵です。

「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」
ベルギー出身のファッションデザイナーのドキュメンタリー。
コレクションの舞台裏はもちろん、
美しい花でいっぱいの庭のあるおうちにもカメラが!

仕事も、自宅での庭の手入れも、全力で取り込む。
彼の作品の美しさは豊かな暮らしから生まれるのだなぁと感じました。

ソフィア・コッポラの「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」

ソフィア・コッポラのガーリーな世界観は
これまでの映画と変わらず健在!
ですが、サスペンス要素もある内容。

登場人物がそれぞれの気持ちを多くを語らないというところも
面白さプラスの要素。

仕事終わりに映画を観た日は、
帰り道、頭の中がスッキリしています。

鑑賞中、意志とは裏腹にまぶたが閉じていることもあります。
始まる前に、「寝ませんように・・」と祈ったりして。。
残念ながらそうなってしまったときは、
「それはそれで良し!」としています。